高齢者が上手に貯蓄をする方法

赤いアネモネ

現在、年金受給額の削減や受給開始年齢の引き上げにより高齢者の貧困が騒がれています。

そのため年金生活の高齢者が自身の理想とする生活水準を保ったまま、老後を安心して送れる方法に関心が高まっています。

また高齢になると健康に関する不安も多く、入院や介護福祉施設への入所など、いざという時のために貯金を残したいものです。

では高齢者が上手に貯蓄するにはどの様な方法が安心でしょうか。

挙げられる方法としては以下の三つが考えられます。

一つ目は、現在生活の見直しをすること。

次に、浪費を控えること。

最後に資産運用を検討することです。

まず現在の生活の見直しについては、今後のライフプランを考えて持続可能な生活スタイルを確立することです。

例えば、将来身体が弱くなることを見据えて子供との同居を考えるなどがこれにあたります。

その他にもシニア向けの保険に掛け替える、住居費や自動車の維持費などの固定費を今後は必要か検討するなどがあります。

息子さんや娘さんを含めたご家族と一緒に、自身のライフプランを時系列で考えてみて、その考えを家族内で共有することも良いでしょう。

二つ目の方法が浪費を控えることです。

収入が少なくなる老後は、「お金をいくら使ったか」ではなく「お金を何のために使ったか」に注意して暮らすと良いようです。

特に定年後の男性は趣味を充実させたいという理想のある方が多いようですが、その考え方は時に危険です。

生活費と遊興費の区分をしっかりとつけて、一ヶ月の収入や貯蓄額に見合ったライフスタイルを心がけましょう。

そのためには、簡単な家計簿をつけることが有効です。

一ヶ月の出費を「生活費」「遊興費(浪費)」「投資(貯蓄)」に分けて記録するだけで、家計の無駄な浪費が分かります。

またこの方法で、一ヶ月に必要な生活費を算出することができます。

例えば、食費でもおかずの食材については生活費、お酒などの嗜好品については遊興費として分けておくと、より正確な試算ができます。

最後は資産運用を検討することについてです。

現在、シニア向けの金融商品に注目が高まっています。

退職金の一部を投資に当てる人も少なくありません。

資金に余裕があるようであれば、生活費などに当てる分を除いて投資に当てて余剰を増やすこともできます。

ただ、高齢者の場合には投資に失敗した場合に、生活の立て直しができません。

できるだけローリスクな商品を選び、無理な投資は浪費と一緒であることを自覚して安全運用をしましょう。

また手数料の高い投資信託に注意することも重要です。